カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

" 成人式 ” と “ 十日ゑびす ”

 

                     

2011.1.10 平安神宮にて 

京都では、この近くの “ みやこめっせ ” で成人式がおこなわれます。私的な事ですが、1年前のこの場所で長女の成人式に写真を撮りました。この日は時間が早かったのか、振袖姿のお嬢様方の姿を見ることができず残念でした。

またこの時間は凄く快晴だったのですが、少しずつ雪が舞いだして寒くなってきました。

  

式典が行われる “ みやこめっつせ ” に行くと、沢山の新成人の皆さんが、新しい未来に希望を持ち晴れやかな輝く笑顔で集まっていました。 おめでとうございます。 どうか若者達の未来が明るくなりますようにと願っております。

また、今年の振袖は古典柄が多く大変嬉しかったです。

            

同日、京都ゑびす神社にて

京都ゑびす神社は西宮・大阪今宮神社と並んで日本三大ゑびすと称され、「えべっさん」の名で親しまれ、その起源は約800年前土御門天皇の建仁2年(1202年)に禅の祖といわれる栄西禅師が建仁寺建立にあたり、その鎮守として最初に建てられた神社だそうです。

  

ゑびす様と言えば「商売繁盛の笹」をイメージされますが、ゑびす信仰の象徴とも言える笹は元来京都ゑびす神社独自の「御札」の形態が広まったもので、笹は縁起物の松竹梅の竹の葉で「節目正しく真直に伸び」「弾力があり折れない」「葉が落ちず常に青々と繁る」といった特徴から家運隆昌、商売繁盛の象徴となったみたいです。

                  

ゑびす様は耳が遠いお方なので、この戸を叩きながらお願い事をすると、願いがかなうとされています。 

            

上の写真のように、まず笹を頂いてその笹に付ける縁起物を順番に選んで行く方法と、この写真のようにすでに飾られている籠がありました。 また、白うさぎさんがあまりにも可愛かったので置いてみました。

今年こそ、全ての方が安心して幸せな世の中になりますよう、ゑびす様にお願いしてきました。

2011.1.14

ページトップへ