カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

梅垣の手機 (てばた)    【 宝相錦 】

【 手機 】 てばた

この商品は双重織という特別の技法で織った弊社の手織りの商品です。( 残り少なくはなりましたが・・・。)

双重織とは、古来の神社仏閣に伝承される有職裂に多く見られる 『 錦地組織の織物 』 で、緯糸 ( よこいと ) を水に浸して、経糸 ( たていと ) と組み合わせながら織り上げていくものです。

それによって糸が細くしまって強く織れ、またその糸が自然に乾くと、生糸 ( きいと )本来のまろやかな風合いをかもしだします。

このように、緯糸 ( よこいと )を濡らしながら職人さんが一段一段丁寧に織り上げていくのが 【 手機 】 です。そしてこの商品のように色を多色使いできるのも 【 手機 】 の特殊技術のひとつです。

             

【 能佳雅美文 】 ( のうかがみもん )

この意匠 ( いしょう ) 『 柄 』 は鎌倉時代から室町時代初期に完成された日本における代表的な伝統芸能で、歌舞伎に並んで国際的にも高い知名度を誇る〔 能 〕 をモチーフにした柄です。

〔 能 〕 に用いられる衣装 ・ 笛 ・ 小鼓 ・ 大鼓 ・ 太鼓などを題材に全て異なる柄を用い総柄にして、通常の数倍の 『 紋紙 』 もんがみ ( 帯の設計図みたいなもの ) を用いた意匠です。

   

“ 腹文 ” ( はらもん ) と言って、帯を締めた時にちょうどお腹の辺りにくる場所の文様で、弊社の場合着姿を考慮して 『 別腹文 』 として帯を半分に折った時にお腹の柄だけを強調できるように横向きのデザインにしています。

   

“ 太古 ” ( たいこ ) と言って帯を締めた時に背中から腰の辺りにくる場所の文様で、写真にあります< 鼓 > の下にある冠の柄は実際には露出しません。

また下の写真にあります “ 返し太古 ” ( かえしだいこ ) や今写真にはないのですが “ 果文 ” ( はてもん ) という場所も、帯を締めた時にはさきほどの “ 太古 ” の裏側になりほとんど露出する事がありません。

それは、着装時の構成はもとより 【 鑑賞時 】 でもストーリー性のある、とても贅沢な意匠構成 ( いしょうこうせい ) で総柄にしてあるのです。

   商品は未仕立てなので、両端がきれいではないですが・・・。

   

【 絹糸 】 高品質の繭から最も細い糸を使用し、絹本来の 『 しなやかさ 』 を求めています。

【 金箔 】 和紙に本漆を薄く引き、その上に本金箔を二度張り ・ 三度張りした昔ながらの製法の箔を用いて、絹風を損なわないようにしています。

【 染 】 天然草木染めに近い含金染料を使用する事で、重みのある色彩を出すと共に、耐光・堅牢度を高めています。

     現在ではこのような仕事をして頂ける職人さんがいなくなりとても残念です。( 弊社には )

     しかし、これに近い技法で 【 手越し帯 】 という帯をいつか紹介させて頂こうと思っております。

長々とお付き合い頂き有難うございました。

2011.7.8