カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

" 雛人形 ”

雛祭りに飾る人形。節供人形。雛人形という名称は江戸時代になって生まれたもので、平安時代にはその前身ともいうべき「ひいな」という遊びがあったそうです。「ひいな」とは、小さくかわいい意味の古語で、貴族社会では男女一対の小さな紙人形を用いてままごと遊びなどが行われ、それを「ひいな遊び」といったそうです。

人形は立った姿の紙雛風のものと推定されますが、これを中心に、貴族の暮らしをまねた館や、食器などの調度をそろえて遊んでいたそうで、『源氏物語』(末摘花(すえつむはな))に、「もろともひいなあそびし給ふ」などとあるように、貴族家庭の少女の人形遊びであり、その頃はまだ3月の節供とは関係はなかったみたいです。

             

それと別に、平安時代のころから、季節の変わり目には神に供御(くご)(飲食物)を供えて身体の安泰を祈る信仰があり、それを節供といったそうで、3月は上巳(じょうし)(最初の巳(み)の日)に、紙や植物でつくった人形(ひとがた)(形代(かたしろ))で身体をなでて汚れを祓(はら)い、それを水に流して神送りする行事があったみたいです。

鳥取地方などでは、3月の節供が済むと、雛を川へ流し捨てる「流し雛」の習俗が現在も残っていて、この信仰的な人形(ひとがた)も、雛人形を生み出す源流の一つとなり、こうした人形遊びと、 呪術(じゅじゅつ)用具としての雛形人形(ひとがた)の信仰とが互いに融(と)け合い、しだいに雛人形への骨格を形成したみたいです。

江戸時代に入り、太平の世相を迎え、3月の節供が盛んになると、雛遊びが一般化して雛祭に移行し、年中行事として3月3日に定着し、それが広く流行するにつれて人形も発達し、さまざまな作品が飾られるようになって雛とよばれたそうです。

         

内裏雛や人形の配置に決まりごとはないみたいですが、壇上の内裏雛は内裏の宮中の並び方を人形で模すことがあるらしく、中国の唐や日本の古来は「左」が上の位であり、人形では左大臣(雛では髭のある年配の方)が一番の上位で天皇から見ての左側(我々の向かって右)にいて、飾り物は「左近の桜、右近の橘」で、桜は天皇の左側になり、これは宮中の紫宸殿の敷地に実際に植えてある樹木の並びでもあるそうです。

明治天皇の時代までは左が高位というそのような伝統があったため天皇である帝は左に立っていました。しかし明治の文明開化で日本も洋化し、その後に最初の即位式を挙げた大正天皇は西洋式に倣い右に立ったそうです。それ以降から皇室の伝統になり、近代になってからは昭和天皇は何時も右に立ち香淳皇后が左に並んだそうです。

それを真似て東京では、男雛を右(向かって左)に配置する家庭が多くなり、永い歴史のある京都を含む畿内や西日本では、旧くからの伝統を重んじ、現代でも男雛を向かって右に置く家庭が多いみたいです。社団法人日本人形協会では昭和天皇の即位以来、男雛を向かって左に置くのを「現代式」、右に置くのを「古式」としていますが、どちらでも構わないとしているそうです。

         

我が家には2人の娘がいるのですが、かれこれ22年、毎年雛人形を飾っています。

“ お雛様 ” いつも子供達をお見守り頂き有難うございます。

2011-03-03

ページトップへ