カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

“ アメブロ ” に引越致しました。

いつもご愛読頂き有難うございます。

突然ですが、今のサーバーではデーターが重くなり、皆様へご迷惑をおかけする事になりますので “ アメブロ ” への引越を決めました。

新しいURLは http://ameblo.jp/umegakiorimono/ です。

今後とも、宜しくお願い致します。

                                                               梅垣

                                                 

                                        

【 Karaori Nouveau 】 〜 新しい唐織 〜 ( 2 )

【 Karaori Nouveau 】 唐織ヌーボーの看板ができました。

             

実はこの看板、仕入先である “ 金糸屋 ” さんが作ってくださった看板なのです。 この他全ての看板をお願いしています。( なかいきんし様 ・ 社長 )http://nakai-kinshi.com/

看板造りが本職ではないのですが、手先がとても器用な方で何年か前に弊社の看板をお願いしてからずっとお世話になっているのです。

どの看板も “ 木のぬくもり ” に加え、 文字を丁寧に彫って頂いたり、木に何度もニスやヤスリなどをかけて下さったりと、“ 繊細でまごころのこもった ” とっても素敵な看板なのです。

“ 素敵な看板有難うございました。”

( 写真ではそれをお伝えできないのが残念ですが・・・。)

この秋の新作があがってきました。

“ 梅垣の帯 ” をご存知のお客様がご覧になると “ えっ ” と思われる方がいらっしゃるかもしれません。“ 梅垣の帯 ” = “ フォーマルの帯 ” というイメージがあると思います。

私事ですがこの業界に居ながらなかなか着物で出る機会が少なく、下の娘が中学に上がりやっと自分の時間が持てるようになりました。今まで出かける時はフォーマルな場所が多かったのですが、いざ友人とお食事会や美術館へ行く時など、フォーマルな帯では行き辛く困っていたのです。

そんな事もあって、今シーズンよりおしゃれな染め帯とは違う “ 梅垣らしい帯 ” で、“ 箔 ” ではなく “ 良質の絹糸 ” をたっぷりと使用した、織物のボリューム感を強調した新しい感覚の帯を造る事にしました。

この帯は、染めの着物から織りの着物まで幅広くお召し頂けます。また 【 柄 】 も “ 大胆 ” なものから “ シンプル ” なものまでご用意しております。 

今回の帯の【 柄 】のコンセプトは、あえて従来の唐織の柄を使用せず “ 西洋の室内装飾 ” を参考にしています。

“ 日本の伝統 ” に ” 西洋の風 ” を取り入れた新しい感覚の帯になっていると思います。だから、若い方からご年配の方にもこの帯をお締め頂けると思うのです。

            

               ( このボリューム感がわかって頂けると有り難く思います。)

クリーム色のお着物に合わせて頂けると、とても素敵にお召し頂けるのではないでしょうか。

熱く語ってしまいました。お付き合い頂き有難うございました。

2011.7.27

感動を有難う “ なでしこジャパン ”

京都では、三大祭のひとつ祇園祭が終わり “ 本格的な夏 ” の到来です。

7月16日の宵山 ( よいやま ) に、なんと45万人の人が訪れたそうです。

17日のクライマックス 『 山鉾巡行 』 は、およそ20万人の人々が見守る中、豪華絢爛な山や鉾が都大路を進みました。

今年は祇園祭に行けなかったのですが、来年はぜひ取材してご報告させて頂きますね。

話は変わりますが、昨日生中継された2011年ドイツW杯での “ なでしこジャパン ” をご覧になられたでしょうか。

前半は“はらはらドキドキ”の試合展開で、後半からの宮間選手のゴール・ 延長後半の澤選手のミラクルゴール ・ そして、海堀選手のPKでのあのスーパーセーブ 【 全員が最後まであきらめない気持ち ・ 世界一に向かっての気持ち 】 は、画面の中からも非常に強く感じとれました。

                     

日本代表のキャプテンの澤選手は “ 座右の銘 ” に 「 夢は見るものではなく叶えるもの 」 だとおっしゃっていました。 彼女だからこそ言える説得力のある言葉だと思います。

今の時代子供達に何も伝えてやる事のできなかった私達ですが、澤選手の “ 言葉 ” は、未来ある子供達に “ 夢と希望と勇気 ” を与えてくれたと思います。

                 

  

海外のメディアも絶賛してくれています。

中国国営の新華社通信は 「 日本の奇跡が世界を制した 」 と題した記事を配信。日本チームの技術、精神面をほめた上で『 なでしこ 』 の奇跡が、( 東日本大震災による ) 地震と津波、放射能に苦しむ民族に、比類なき自信を与えるだろうと絶賛していました。

そして、佐々木監督の “ 小さな娘たちが粘り強くやってくれた ” とおっしゃった言葉がとても印象に残っています。

日本も小さな国ですが “ 粘り強い精神力 ・ そして強い団結力 ” で、この国難を皆で一緒に乗り越えて行きましょう。

         “ なでしこジャパン ” 素晴らしい感動を与えて頂き、本当に有難うございました。

 

               “ 全ての皆さんが、早く笑顔になれますように ”

2011.7.19

“ 西陣 ” について

 

前回は弊社の “ 手機 ” ( てばた ) を紹介させて頂きましたが、これから “ 西陣 ” に関する事も少しずつご紹介させて頂こうと思います。

まずは “ 西陣 ” の【 由来 】 について。

            《 1200有余年の歴史を刻む織物の街 》  西陣

京都で織物作りが始まったのは、桓武天皇によって平安京が築かれるよりも前の5世紀頃だそうです。

また、平安遷都とともに宮廷の織物を管理していた 「 織部司 」 と呼ばれる役所が置かれ、今の上京区黒門上長者町あたりに住んでいた職人に、< 綾 >・< 錦 >など高級な織物作りを奨励したのにともない、発展したといわれています。

平安時代も半ばを過ぎると、こうした官営の織物工房も衰えてきますが、職人たちは織部司の東の大舎人町あたりに集まって住み、宮廷の管理下を離れた自由な織物作りを開始しました。

「 大舎人の綾 」、「 大宮の絹 」などと呼ばれる織物などが作られました。また、宋から伝えられた綾織の技を研究して、独自の唐綾を開発。神社や寺院の装飾にふさわしい重厚な織物として重宝されたそうです。

 【 応仁の乱 】 の西軍の陣地があったところ 《 山名宗全の邸宅跡 》     

1467年に起こった応仁の乱が終わると、各地に離散していた織物職人たちも京都に戻り、戦乱の際に山名宗全率いる西軍の陣地が置かれていたあたりで、織物作りを再開します。

戦乱以前から織物の町として栄えていた京都北西部の一帯が 「 西陣 」 と呼ばれるようになったのはこの頃からで、西軍の陣地跡なので 「 西陣 」 というわけです。今も上京区堀川通五辻西入るには、宗全の邸宅跡が残っています。

歴史あるこの地で、西陣織に携わる事ができる喜びを感じ、後世に繋げていければ良いなと思っています。

                                          〔 参考文章 〕 西陣織工業組合

2011.7.14

梅垣の手機 (てばた)    【 宝相錦 】

【 手機 】 てばた

この商品は双重織という特別の技法で織った弊社の手織りの商品です。( 残り少なくはなりましたが・・・。)

双重織とは、古来の神社仏閣に伝承される有職裂に多く見られる 『 錦地組織の織物 』 で、緯糸 ( よこいと ) を水に浸して、経糸 ( たていと ) と組み合わせながら織り上げていくものです。

それによって糸が細くしまって強く織れ、またその糸が自然に乾くと、生糸 ( きいと )本来のまろやかな風合いをかもしだします。

このように、緯糸 ( よこいと )を濡らしながら職人さんが一段一段丁寧に織り上げていくのが 【 手機 】 です。そしてこの商品のように色を多色使いできるのも 【 手機 】 の特殊技術のひとつです。

             

【 能佳雅美文 】 ( のうかがみもん )

この意匠 ( いしょう ) 『 柄 』 は鎌倉時代から室町時代初期に完成された日本における代表的な伝統芸能で、歌舞伎に並んで国際的にも高い知名度を誇る〔 能 〕 をモチーフにした柄です。

〔 能 〕 に用いられる衣装 ・ 笛 ・ 小鼓 ・ 大鼓 ・ 太鼓などを題材に全て異なる柄を用い総柄にして、通常の数倍の 『 紋紙 』 もんがみ ( 帯の設計図みたいなもの ) を用いた意匠です。

   

“ 腹文 ” ( はらもん ) と言って、帯を締めた時にちょうどお腹の辺りにくる場所の文様で、弊社の場合着姿を考慮して 『 別腹文 』 として帯を半分に折った時にお腹の柄だけを強調できるように横向きのデザインにしています。

   

“ 太古 ” ( たいこ ) と言って帯を締めた時に背中から腰の辺りにくる場所の文様で、写真にあります< 鼓 > の下にある冠の柄は実際には露出しません。

また下の写真にあります “ 返し太古 ” ( かえしだいこ ) や今写真にはないのですが “ 果文 ” ( はてもん ) という場所も、帯を締めた時にはさきほどの “ 太古 ” の裏側になりほとんど露出する事がありません。

それは、着装時の構成はもとより 【 鑑賞時 】 でもストーリー性のある、とても贅沢な意匠構成 ( いしょうこうせい ) で総柄にしてあるのです。

   商品は未仕立てなので、両端がきれいではないですが・・・。

   

【 絹糸 】 高品質の繭から最も細い糸を使用し、絹本来の 『 しなやかさ 』 を求めています。

【 金箔 】 和紙に本漆を薄く引き、その上に本金箔を二度張り ・ 三度張りした昔ながらの製法の箔を用いて、絹風を損なわないようにしています。

【 染 】 天然草木染めに近い含金染料を使用する事で、重みのある色彩を出すと共に、耐光・堅牢度を高めています。

     現在ではこのような仕事をして頂ける職人さんがいなくなりとても残念です。( 弊社には )

     しかし、これに近い技法で 【 手越し帯 】 という帯をいつか紹介させて頂こうと思っております。

長々とお付き合い頂き有難うございました。

2011.7.8

【 Karaori Nouveau 】 〜 新しい唐織 〜

本日は梅垣織物オリジナルの新作で 【 Karaori Nouveau 】 〜 新しい唐織 〜 を紹介させて頂きます。

『 唐織 』 とは、本来中国から渡来した織物やそれを真似て日本で織った織物の事ですが、一般には能衣装に用いられる花鳥や花菱などの模様を表した “ 刺繍 ” のように見える織物の事です。

『 唐織 』 の特徴は生地の組織密度を高くし、柄を表現する緯糸( よこいと )を経糸( たていと )で綴じないでボリューム感を出す事です。しかし、その特徴である組織故に、緯糸の 「 ももけ 」 や 「 糸浮き 」 ができ易いのが欠点です。

〔 予断ですが、緯糸 ( よこいと ) と 経糸 ( たていと ) の覚え方は、 緯度 = 緯糸( 横の糸 ) 経度 = 経糸( 縦の糸 )をイメージしてもらえたら良いと思います。〕

また 『 唐織 』 には意匠的に 「 花鳥や花菱 」 など伝統的なものが沢山あります。

そこで弊社では、従来の 『 唐織 』 の立体的な表現力を保ちつつ、意匠的には、近世西洋の装飾デザインを取り入れた新しいタイプの 【 Karaori Nouveau 】 を考案いたしました。

            “ 薄紫 ” と “ 白 ” のコンビネーションです。

  

        写真を撮るのは素人の私なので “ 織 ” の雰囲気がお伝えできたかが不安です・・・。

この帯の用途としましては、カジュアル( 紬など )から、セミフォーマル( お召など )まで、幅広くお使い頂ける帯だと思っております。

お付き合い頂き有難うございました。

2011.7.1

“ ご縁 ” と “ 運 ”

お店は京都北区にある、大通りで言うと 『 北大路堀川 ( 南東 ) 』 にある 【 cafe 箔屋 】 さんです。

梅垣と二人で “ ランチ ” して来ました。 ( 珍しい事ですが・・。)

   

こちらのオーナーは、元西陣の “ 箔屋 ” さんの奥様です。 ご主人は梅垣の20年来の友人です。 奥様がお店をなさっている事を聞き、お店を訪ねてみました。

お店は “ 箔を製造・販売 ” していらしたお店を改装して、町家の特徴をそのままに、間口は狭くうなぎの寝床のように奥行きのあるお店で、表から裏まで “ 風通し” が良く素敵なお店でした。

            “ ランチメニュー ” は2種類です。

          

     “ ロコモコ ” 自家製ハンバーグ ( スープ付き )     “ 野菜たっぷりHAKUYAカレー ” ( デザート付き )です。

    【 ボリュームがあってとっても美味しかったです 】  【 大人の味のカレーで女性に嬉しいお野菜たっぷりでした 】

                      ごちそうさまでした。

タイトルの “ ご縁 ” と “ 運 ” とは、【 cafe 箔屋 】 の奥様の実体験の事です。

このお店のオープンにあたり、色々とご苦労があったみたいです。ご自分のお店に対する思いや信念を強く持つ事で、その思いが周りの方々に伝わり、助けて下さった方々との出会いがあり、その瞬間に遭遇しないとこの結果が無かったという出来事など。 色々とお話を聞かせて頂きました。

“ 周りの方に助けて頂き、今こうやって頑張る事が出来ています。” “ 全てに感謝です。” とおっしゃっていました。

一生懸命・真摯に前を向いて頑張っていれば、良い事は必ずあります。 奥様のお姿を見て確信できました。私も勇気を頂いて帰ってきました。

                 “ 全ての皆さんが、早く笑顔になれますように ”

2011-6-24

“ 九寸帯 ” (名古屋帯) 第3段

何人かのお客様より、帯の柄をもう少し見せて欲しいとの有難いメールを頂きました。 有難うございます。

これからは、月に1回程度 “ 梅垣織物の帯 ” を、紹介させて頂こうかと思っております。お付き合い頂けましたら、有り難く思います。今後は “ 九寸帯 ” に限らず、色々な品種の帯を紹介させて頂けたらと考えております。

ちなみに、今回も “ 九寸 帯 ” です。 すみません。

         

【 松皮小袖文 】 まつかわこそでもん

この柄も江戸時代の小袖をモチーフにデザインしたものです。

お付き合い頂き有難うございました。

2011.6.17

東北地方太平洋沖地震(7)

東北地方太平洋沖地震が起きてから、3ヶ月が経ってしまいました。

警察庁がまとめた東日本大震災(余震を含む)の死者の方は、2011年6月13日現在で1万5424人となってしまい、警察に届け出があった行方不明者の方は7931人で、避難者の方は8万4537人にもなっています。

大震災で亡くなられた皆様には、心よりご冥福をお祈り申し上げます。また被災された皆様、そのご家族の皆様にも心からお見舞い申し上げます。

そしてまだなお、沢山の関係者の皆様、ボランティアの皆様が頑張って下さっています。本当に頭が下がる思いです。心より感謝致しております。

3ヶ月を振り返り、なにか元気になる出来事がないかと思い返すのですが、なかなか見つからず辛いです。

そんな中、ある洋品店の方が被災地でお店を再開される様子を映像で見ました。その時、その方は お店をオープンする事に “ 戸惑いや不安 ” を持っておられました。 

しかし、そこに洋服を買いに来られた被災者の皆さんは、“ とてもイキイキ と 満面の笑顔 ” で洋服を選んび、買い物を楽しんでいらっしゃいました。そのお姿を見て、お店のオーナーも喜んでおられました。

その光景を見て、私まで “ 笑顔 ” になっていました。

救援物資も有り難いものですが、自分の欲しいと思うものを探し、そしてそれを購入するという喜びも “ ひとつの幸せ ” なんだなぁと感じる瞬間でした。               

                   

                “ 全ての皆さんが、早く笑顔になれますように ”

2011.6.14

JR大阪三越伊勢丹

                         2011.5.4に開業された OSAKA STATION CITY に6月4日に行ってきました。

その中の 『 JR大阪三越伊勢丹 』 の1階香水売場では、香水の香りがフロアいっぱいに広がり、各ブースで沢山の女性が足を止め、香水を眺めていました。

                        

OSAKA STATION CITY には、『 JR大阪三越伊勢丹 』 『 LUCUA(ルクア) 』 『 大丸 大阪・梅田店 』 の3店舗があり、今回は 『 JR大阪三越伊勢丹 』 の“ 呉服売場 ” を見学して来ました。

店内はどこの売場も明るく、開放感があり、店員さんも若い方が多く、爽やかなイメージを受けました。

     

ふつう “ 呉服売場 ” となれば、敷居が高く中に入るのもなんとなく気が引ける雰囲気ですが、こちらの売場ではそういった感じが全くなく、幅広い年齢層のご夫婦、母娘さんや女性同士の方など、色々な組合せで自由に出入りされていました。

写真を撮るのに、人が途切れるのを待つのに苦労するぐらい沢山の方でした。 売場もとても広くこの写真の4倍ぐらいはありました。 

 

ディスプレイもとても素敵で、いつかこんな素敵な場所に当社の商品が飾って頂けたらなぁ・・・。と、ありえない事を思いながら帰って来ました。

久しぶりの大阪は活気に満ち溢れていました。 西の経済で、大震災の被災者の皆様のお力になれると良いなと思いました。

                  “ 全ての皆さんが、早く笑顔になれますように ”

2011.6.6

“ ご縁 ”

“ とっても嬉しい事 ”がありました。

それは、前に九寸帯のお問い合わせを頂いた事のあるお客様からのメールです。

そのお客様にお薦めのお店として、銀座ギャラリー泰三様をご紹介させて頂いておりましたら、弊社の帯をご覧頂く為に、地方の方であるにもかかわらず、わざわざ銀座まで足を運んで下さったというメールでした。

その上、梅垣の帯を “ どれも素晴らしくて、選ぶのに難儀しました” との有り難いお言葉、又、弊社の帯をお買い求め頂き、本当に有難うございました。

私も和装小物のネットショップをオープンさせて頂き、昨年10月28日より、明日で7ヶ月を経過しようとしております。

ネットショップという、私にとって初めての分野で、対面販売でない形態に少し戸惑いや不安がありましが、お客様方とメールのやり取りをする事で、一度もお会いした事もないお客様と、このように信頼関係を得られた事に驚き、そして心より感謝致しております。

こういった “ ご縁 ” を、これからも大切にさせて頂けますよう、できるだけ店長日記を更新していきたいと思っております。

何分、家に戻りますと3人の母でもありますし、我が家は9人家族でもありますので、思うようには更新できないのが現状です。しかし、精一杯頑張りますので、これからも宜しくお願い致します。

2011.5.27

“ 女子会 ”

 

 “ 女子会 ” とはおこがましく “ おばさんの会 ” ですが、久しぶりに友人達と夕食を楽しんで来ました。

  とても楽しく “ あっ ” という間のひとときでした。 話は家族の事が中心でしたが、同世代の “何でも相談できる友達 ” がいてくれる事に、幸せを感じさせてもらえた時間でもありました。

           【 その時のお店をご紹介しますね。 】

           

           こちらが、表側のお店の写真です。  ↓   こちらが、裏側のお店の写真です。
               
        京の町屋らしく奥に長く、中にはテーブル席やお部屋があり、オープンキッチンもありました。
               
 【 京都・阪急河原町駅・京阪祇園四条駅より徒歩10分で 《 アモーレ木屋町 》 というイタリアン料理のお店です。 】

            

        京の夏を彩る鴨川納涼床が5月1日〜9月30日まで、色々なお店で営業されています。

            こちらのお店もその中の一軒です。                                                       

           

 お料理は気取らないイタリアの庶民の味で、大きな薪窯があり、ナポリで修業したピッツア職人さんが腕を振ってくれたピッツアの生地は “ パリッ ” として、とっても美味しかったです。

                    

                 川床はテラス感覚で、おしゃれな夜を演出してくれました。

              

         パスタも女性好みのあっさりしたお味で、デザートも優しい甘さで、美味しかったです。

                                   ( 午後8時頃なので写真が暗いですが・・・ )

                    ごちそうさまでした。

 オープンキッチンの賑わいの中、それぞれのテーブルでおしゃべりをしているにもかかわらず、騒々しいのではなく、明るい雰囲気で、お店の中に置いてある家具もアンティークで、とても素敵なお店でした。

2011.5.18

“ 端午の節句 ”

かつて 「 端午 」 とは各月の初めの 「 午の日 」 を意味する言葉でした。この 「 午 」 が 「 五 」 と通じるところから、やがて五月五日を 「 端午 」 「 端五 」 と称するようになったと伝えられています。平安時代には 「 穢れを祓う 」 という五節句のならいを背景に 「 端午の節句 」 が定着しました。宮廷では邪気を祓うために屋根に菖蒲を葺き、節句の当日には天皇も貴族も菖蒲鬘をかぶり、今も京都・上賀茂神社の賀茂競馬などに見られるような勇壮な競馬 ( くらべうま ) も催されました。

「 端午の節句 」 に菖蒲が重んじられたのは、早春に力強く芽吹く姿に邪気を祓う力があると信じられたからです。鎌倉時代になると 「 菖蒲 」 を 「 尚武 」 と意味付け、厄除けの行事から男児の成長と武運を祈願する祭礼になっていきます。高貴な趣の兜に菖蒲の花を飾りつけた檜兜が作られ、太刀なども寿ぎの品として贈られるようになります。江戸時代には徳川幕府の重要な祭礼になり、庶民の間でも男児の大切な行事として家々で勇壮名五月人形が飾られるようになったそうです。

        

息子は一人ですが、兜を飾るのは19回目になりました。 

今年の飾りつけは、かつてない気持ちで飾りつけをしていました。

             “ 全ての皆さんが、早く笑顔になれますように ” と願っています。

2011.5.5

” 九寸帯 ” ( 名古屋帯 )【2】

未曾有の東日本大震災から49日目に当たる本日4月28日に、被災された各地で四十九日の法要が営まれました。

お亡くなりになられました皆様には、心よりご冥福をお祈り申し上げます。また被災された皆様、そのご家族の皆様にも心からお見舞い申し上げます。

昨日、天皇、皇后両陛下は南三陸町と仙台の避難所へ訪問されました。 その際に「 大変でしょうけど頑張ってください 」――。と被災者の皆さんを励まされ、復興にあたる関係者の方々にはねぎらいの言葉をかけられていました。

そのお姿にとても感動しました。御高齢にもかかわらず、ご多忙の中での被災地へのご訪問、かなりお疲れでしょうに、全ての方へのご配慮、言葉に表せない程尊敬致しております。

被災者の皆様はもとより、全ての国民が勇気づけられ、お二人の深い愛を感じ取れたのではないでしょうか。天皇、皇后両陛下、本当に有難うございました。

もう復旧・復興は始まっています。

                 “ 全ての皆さんが、早く笑顔になれますように ”

今年1月に “ 九寸帯 ” ( 名古屋帯 ) を紹介させて頂きましたら、何件かお問い合わせを頂き有難うございました。

せっかくお問い合わせを頂きましたのに、ご要望にお応えできずに申し訳ございませんでした。 と申しますのも、こちらでは直接販売 ( メーカー直販 ) ができないからです・・・。

これからも時折、柄の紹介はさせて頂こうと思っております。

お楽しみ頂けましたら幸いです。

弊社の “ 九寸帯 ” の最大の特徴は生地にあります。 綾織の組織をあえて崩し、陰影を持たせる事で抑揚をつけ、かつ、しわになりにくい生地となっております。

        

【 絵本小袖文 】 えほんこそでもん

この柄は江戸時代の小袖をモチーフにデザインしたものです。

お付き合い頂き有難うございました。

2011.4.28

“後世に伝えていくために”

東北地方太平洋沖地震が起きてから、5週間が経ちました。

4週間が経ち・1ヶ月が経ちと、日記を書こうとしたのですが、【 大きな余震 】 【 原発 】 【 風評被害 】 と次々に起こる出来事に言葉がでず、5週間を迎えてしましました。

京都にいる私達ですら、かなり落ち込んでいます。そんな事を言ったら、被災されている皆さんに申し訳がたちません。

想像を絶する不安で、居た堪れない気持ちでいっぱいでしょうね。 お気持ちをお察し致します。

先日、気仙沼の様子を報道で見ました。大震災当時、目を伏せたくなるような激しい炎の中にあった気仙沼が、大震災後、被災者の皆さんと、アメリカ海軍の方とが協力し合い、瓦礫の撤去等をして、道路の復旧をいち早くされたという事を知りました。皆さんの行動力に敬意を表します。

【 風評被害 】には、負けないで下さい。私達も皆さんのお野菜を食べます。1999年に茨城 県那珂郡東海村で起きた原発の事故の時も農家の方は風評被害で凄く困ったみたいです。立ち直るのに3年かかったそうです。でも今はブランド化して頑張っておられます。だから、私達も皆さんのお野菜を食べますので、頑張って下さい。

先週、友人の作品展を見て来ました。とても素晴らしい作品でした。皆様にもご紹介させて頂きます。少しでもお気持ちが癒されて頂ければ有り難いです。

< 綴プロジェクト作品展 2011年・春 > より

デジタル技術(Canon)と、京都の伝統工芸( 裕人氏・横山清和堂 )の技を用いて、貴重な文化財及び伝統文化等を 保存する取り組みの一環で、その作品展が3月19日から4月10日まで 《 建仁寺 》 で催されていました。

           【 撮・色・刷・箔・装 】( 撮影・色合わせ・出力・金箔・表装 )の融合  

   

京都西陣の伝統工芸士「箔」工芸作家 裕人礫翔(ひろとらくしょう)氏は梅垣の30年来の友人で、私も一緒に作品展を見に行って来ました。

  

                    《 建仁寺 》 京都市東山区大和大路通四条下る小松町

           

彼のポジションは、デジタル技術(Canon)の 『 撮影 』 『 色合わせ 』 『 出力 』 が終わり、デジタル技術でも出す事のできない金箔の色を、下の写真の様に、印刷した物の上へその文化財に合わせた金箔を張り、はけで余分な金箔を 剥がしていく技を用い、作品を仕上げていくのです。

                    

      このような技術を用い、貴重な文化財を守りながら、後世に伝えていくて為の活動をしておられます。

           < ここから下の写真は全てそういった技術の集大成です。お楽しみ下さい。 >

            

風神雷神図屏風ふうじんらいじんずびょうぶ
(国宝)
二曲一双 俵屋宗達たわらやそうたつ 江戸時代

            

四季花鳥図屏風しきかちょうずびょうぶ
(重要文化財)
六曲一双 狩野元信かのうもとのぶ 室町時代


            

樹花鳥獣図屏風じゅかちょうじゅうずびょうぶ 六曲一双 伊藤若冲いとうじゃくちゅう 江戸時代

            

神護寺三像じんごじさんぞう(国宝)
伝 源頼朝像でん みなもとのよりともぞう
伝 平重盛像でん たいらのしげもりぞう
二幅 伝 藤原隆信でん ふじわらたかのぶ 鎌倉時代
            

南蛮屏風なんばんびょうぶ
(重要文化財)
六曲一双 狩野内膳かのうないぜん 安土・桃山時代

            

八橋図屏風やつはしびょうぶ
六曲一双 尾形光琳おがたこうりん 江戸時代
            

山水長巻さんすいちょうかん
(国宝)
一巻 雪 舟せっしゅう 室町時代

()()

     

山水図襖さんすいずふすま
(重要文化財)
四面 長谷川等伯はせがわとうはく 安土桃山時代


最後のこの作品は裕人氏が一番神経を使ったそうです。 “ 墨で描かれているところ ” と“ 白い文様の部分 ” の表現が とても難しかったとおっしゃっていました。

日本はあらゆる分野で高度な技術を持っています。

もう一度自信を取り戻し“ 技術立国日本 ” を世界に発信しましょう。 この素晴らしい技術を後世に伝えていくためにもこの国難を乗り越え、共に頑張って行きましょう。

                  “ 全ての皆さんが、早く笑顔になれますように ”

2011.4.15

東北地方太平洋沖地震(6)

東北地方太平洋沖地震がおきて、3週間が経ちました。

次々に悲惨な現状が増えています。 原発にしてもその一つです。 風評被害で苦しんでいらっしゃる皆様の事を思うと胸が痛いです。 お見舞い申し上げます。 近頃やっと日本の果物 ・ お米 ・ワ イン等、また日本食ブームと、世界で日本のブランドが評価されてきました。 なのに “ 放射能 ” によって安全性が問われ、イメージダウンしてしまいました。 非常に残念でなりません。

原発に関しては一生懸命作業して頂いている関係者の方も沢山いらっしゃいます。 その方々には感謝しつつ、原発が1日でも早く安定しますようにと願うばかりです。

その一方、復旧・復興に向けての取り組みも盛んになっています。 そして何と言っても被災者である子供たちの “ 笑顔 ” が私達の原動力になっています。子供たちは自らが被災者であるにも関わらず、ボランティアとして瓦礫の撤去や、お年寄りに対して肩もみをしたり、話しかけをしたりと微笑ましい姿を見せてくれます。 頭が下がります。 本当に有難う。 あなたたちの “ 笑顔 ” にどれだけの大人が癒され、勇気付けられた事でしょう。

私達大人が、子供たちにしてあげられるのは何か、大人の事情での責任追及ではなく、目の前の現実をしっかり受け止め、目の前にあるものを全力で解決し、前に進み、子供たちの未来を夢のある社会にしてあげなければいけないと思います。

先日の < サッカー > 復興支援チャリティーマッチをご覧になられましたでしょうか。 三浦知良選手(44)のゴールには胸が熱くなりました。 今の私達の気持ちを一心に表してくれたシュートのように思えました。 また天皇 ・ 皇后両陛下の非難所へのご訪問、両陛下のお優しい御気持ちが、画面より伝わりました。 有り難い気持ちと、日本全体の心が一つになっているような気がしました。 皆で前に進んで生きて行きましょう。 

被災地にも、小枝の “ 蕾 ” が膨らんできています。

全ての人々が早く “ 笑顔 ” になれますようお祈り致しております。

2011.4.1

東北地方太平洋沖地震(5)

東北地方太平洋沖地震がおきて、2週間が経ちました。

日を増すごとに、気が滅入ってしまうような情報ばかりが入ってきます。 離れている私達ですら落ち込んでしまいます。 被災者の皆様にとっては、尚更不安で居た堪れない気持ちで一杯だと思います。 どのような言葉を申し上げたらよいのか・・・。

また前回の店長日記で、できるだけ栄養 ・ 睡眠をとり・・・といった文章を書いてしまいました。 被災者の皆様に食料等が行き渡っていない現状に、そんな事を書いてしまった自分が情けなく申し訳ない気持ちで一杯です。 心よりお詫び申し上げます。

福島原発も犠牲者が出てしまい大変残念です。作業員の皆様、またご家族の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。早期に完治されますようお祈り致します。

生死をかけて作業して頂いている皆様に敬意を表します。有難うございます。 過酷な作業だとは思いますが、どうか原発を抑えて下さい。 原発が安定すれば、日本は “ 本格的に復興の道へ ” と進む事ができると思います。

被災者の皆様、避難生活は身も心も冷してしまうでしょうね。でも今、東北地方太平洋沖地震復興に向けての動きが、日本の枠にとどまらず世界のスポーツをはじめ、芸能 ・ 各分野で盛んに行われています。 私達もできる限りの応援をして行きます。 日本の底知れぬ力を感じています。 だから皆の力をひとつにして “ 共に頑張って生きて行きましょう ” 来週から寒さも少し和らいでくるみたいです。 暖かい春はもうすぐそこです。

最後になりましたが、東北地方太平洋沖地震でお亡くなりになられました皆様、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

2011-3-25

東北地方太平洋沖地震(4)

20日に宮城県石巻市で倒壊したお宅から、お祖母さんとお孫さんが救出されて本当に良かったですね。 喜びで胸が震えました。この吉報は行方不明者のご家族の方にとっても心強い出来事だったと思います。 何処かで、このお二人の様に生存されている方がいらっしゃるかもしれません。 どうか早く発見して頂けますようお祈り申し上げます。

東北地方があまりの大惨事だったので、関東の方の情報が少なく、計画停電 ・ 液状化 ・ 商品不足 ・ 地震等々と関東の皆様も大変な思いをされていたのですね。気がまわらず申し訳ございませんでした。 心よりお見舞い申し上げます。 一日も早く平常に戻れる事を願っております。

先日、気仙沼市から息子さんのお宅に避難されている男性が、両手に杖を持ち線路を歩きながら、ご自分のご自宅がある気仙沼市に向かっておられる映像が流れていました。テレビ局の方の取材にその男性は、『 自分の家が全壊しているのはわかってはいるけど、少しでもかたずけに行こうと思って 』 とおっしゃっていました。

その言葉を聞いた時、とても切ない気持ちになりました。今各地方の自治体で被災者の方を受け入れて頂ける動きがあります。その動きを聞き、有り難く少し安心していました。しかし私達が思っている以上に、その土地で生まれ育った方々には、こういった状況に途方に暮れながらも、また変わり果ててしまった町であっても、よその土地へ行く事よりこの町の復興を願い、そして生まれ育った土地を愛し続けているのだと強く感じました。

だからこそ、私達は各自ができる事から実行して、1分1秒でも早くそういった方たちの為に、被災地等が復興できるよう協力していく事が大事だと思います。

避難生活をされている方々には、これから感染症等が心配されます。なかなか、睡眠等とれないかもしれませんが、できるだけ栄養 ・ 睡眠をとり、お体にはくれぐれもご自愛下さいますように。

皆様には、日本中 ・ 世界中の皆さんが応援していますので、頑張って下さい。

 

2011.3.22

東北地方太平洋沖地震(3)

東北地方太平洋沖地震がおき、1週間が経ってしまいました。

繰り返しになりますが、この厳しい寒さの中支援物資もなかなか届かず、不安の中で耐えていらっしゃる被災者の皆様 ・ 関係者の皆様、心よりお見舞い申し上げます。

日増しにお亡くなりになられた方の数が増えてしまい、残念な思いで心が痛みます。お亡くなりになられた皆様に心よりご冥福をお祈り申し上げます。

重複致しますが、厳しい状況の中、危険にさらされた環境の中での救助 ・ 復旧 ・ 支援物資等の運搬作業に従事下さっています皆様 ・ そのご家族の皆様、言葉には表せないほど心より感謝致しております。また海外のご支援にも有り難く思っております。引き続きご尽力頂けますよう重ねてお願い申し上げます。

世界中が見守る中、原発の危機に作業して頂いている作業員の皆様 ・ そのご家族の皆様 ・ 関係者の皆様のお気持ちを思うと、頭が下がるいっぽうです。連日、上空・地上にと大変危険な状況の中、命を顧みず放水作業をして下さっている皆様の正義と勇気にひたすら感謝です。

先日NHKの報道番組で、原発の作業員の方のご家族のメッセージに胸を締め付けられるほどの思いをしました。その内容は 『 覚悟を決めての作業 』をして頂いているということ、そして 『 被災者の皆さんと同じ食料等がない状況 』であると言う事です。また最後の一言で 『 原発により “ 明かり ” があった事を思い出して下さい 』 その言葉は私の胸を突き刺し、涙が止めどなく出てきました。

確かに “ 明かり ” が無くなる事で 「 不便さ 」の思いの方が先にたち、「 感謝する気持ち 」 が後になっていました。この事により失いかけていた何かをきずかせてもらえたような気がします。

報道の一部で責任問題等が話題になる時があります。今一度、色々な角度で見つめ直し、日夜頑張って下さっている方々に感謝し、自分のできる事を考え実行しながら、この危機を前向きに日本全体で一丸となって、世界に誇れる日本を取り戻せる事を願います。 絶対取り戻せると思います。

先日、中国の新聞社が日本の一枚の写真を絶賛していました。それは、日本では当たり前の光景で、停電により階段で待機している人達が両サイドで座り、他の人の通行の為に中央を空けて座っている写真でした。そして、今日、海外メデイアが東電の作業員の皆様の事を “ 勇敢な作業員 ” だと絶賛していました。日本の侍魂・そして、戦後から阪神淡路大震災等数々の奇跡的な復興を遂げた日本に、今後このような事態になるかもしれない自国を重ね合わせて期待し、見守ってくれているような気がします。

「 今回の大きな試練で、日本国民は独りぼっちではない 」 というオバマ大統領の声名に胸が熱くなりました。

また被災者の皆様にも、報道で流れて来る映像で頑張っていらっしゃるお姿から逆に勇気を頂いています。計り知れない不安をかかえていらっしゃる事と思います。支援物資がもうすぐ届きます。原発関連も東電の電源回復工事も進んでいるみたいです。放射線数値も減少しています。国民皆が皆様をお守りします。また全世界が見守って下さっていますので、気持ちを強く持たれて頑張ってください。

長々と書いてしまいました。 最後までお読み頂いて有難うございました。

2011.3.18

東北地方太平洋沖地震(続)

連日、想像を絶するほどの悲惨な報道に、胸が張り裂けそうな思いで一杯です。

被災者の皆様 ・ 関係者の皆様、心よりお見舞い申し上げます。

またお亡くなりになられました皆様、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

連日の厳しい状況の中、救助 ・ 復旧と一生懸命頑張って頂いています皆様 ・ そのご家族の皆様、心より感謝致しております。また海外のご支援にも有り難く思っております。引き続きご尽力頂けますよう重ねてお願い致します。

世界中が見守る中、原発の危機に作業して頂いている作業員の皆様 ・ そのご家族の皆様 ・ 関係者の皆様のお気持ちを思うと、頭が下がる思いです。どうか日本の危機をお救い頂けますよう切にお願い申し上げます。

お願いばかりで、節電 ・ 募金活動に協力するぐらいしかできない自分に腹立たしく思います。

何かできる事は無いかと思っているのですが他に見つからず、そんな時友人のご主人のブログに下記のような案内文がありました。これをコピーさせてもらおうと友人に連絡をとると、今朝の新聞にも出ていたように、チェーンメールとして扱われる場合もあるので・・・。と言われました。

しかし何かのお役に立てたらと思い、ご案内する事にしました。

昨日、海外メデイアによる報道の中に “ 日本人の堅実さ ” “ 精神力の強さ ” を称える記事がありました。日本人のそういった力で、一人一人は微力ですが日本全体で力を合わせてこの危機を乗り越えて行きましょう。

避難所でいらっしゃる皆様、寒くて・暗くて・私達には想像を絶する程の不安で一杯でしょうね。私達もできる限りお手伝いしますので、お気持ちを強く持たれて頑張って下さい。

【災害用伝言ダイヤル】

◆被災者の方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.自宅の電話番号を押す。
3.伝言を録音する。

◆安否を確認したい方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.安否を確認したい方の電話番号を押す。
3.録音された伝言を再生する。

【NHK安否情報放送】

NHKでは安否情報に関する放送をするそうです。次の電話番号にご家族の状況やメッセージをお寄せください。
03-5452-8800
050-3369-9680

【NTT公式情報】

公衆電話は災害時には優先的につながります。災害時には被災地の公衆電話は無料で使ます。ただし国際電話は使えません。

●無料公衆電話のかけ方。

・緑色のアナログ公衆電話
緊急ボタンを押すか、10円玉を入れれば通話できます。通話が終わると10円玉は戻ります。

・デジタル公衆電話
テレホンカードや10円玉を使わず、受話器を取るだけで通話できるようになります。

【スマートフォンユーザー用】

「ゆれくる」とゆうアプリをダウンロードして下さい!

福島の震度5の地震を、予測したようです。現在も予測してくれています!

建物に閉じ込められてる方、
スマートフォンを持ってる方はGPSをオンにしてください!
携帯でGPS機能が付いてる方も!
助かる確率が上がります。希望を持って!!

【地震発生時緊急マニュアル】

【持ち物】
□現金
□身分証明書
□印鑑・保険証
□飲料水(1人1日3リットルが目安)
□非常食(缶詰・お菓子等)
□携帯電話と非常用充電器
□ティッシュ
□タオル(5枚くらい)
□懐中電灯
□カイロ
□サランラップ
□毛布
□家族の写真(はぐれた時の確認用)
□ホイッスル(生存率が格段に上がる)
□メガネ
□いつもの薬
□音楽プレーヤー(音楽を聴いて落ち着ける)
□生理用品(必須)

「生理用品」はできるだけ用意してください。
予定日ではなくても、地震のストレスで急に生理になってしまうことがあります。

その上、生理用品は止血帯としても利用でき、とても便利です。

※非常時では「身分証明書」があれば「預金通帳」がなくても現金の引き出しが可能なので「預金通帳」は必要ない。

【緊急行動パターン】

・窓・ドアあける
・荷物は玄関へ
・底の厚い靴をはく
・ガスの元栓を締める
・浴槽に水をためる
・米を炊く
・出来るうちに携帯充電
・停電時ブレーカー落とす 

・24時間は地震が続くだろう
・とりあえず落ち着く

・災害用伝言ダイヤル171の利用(避難場所も伝える)
・電話は最低限
・Skypeなら使える
・警察を偽った詐欺電話に注意

【避難時の注意】

・倒れかけのタンスや冷蔵庫に近づかない
・ガラスや塀に注意
・壁の亀裂や柱の傾きは倒壊のおそれあり、即避難
・狭い道、崖沿い、川沿い、海を避ける
・海沿いの人は高台に避難
・ヘルメット着用。せめて帽子を着用
・火が付きやすい化繊の服を避ける
・マスクや濡タオルを装備する
・火災時は風上へ
・車は走るのをやめて路肩に寄せて停める

【地震が起こる前なら】

□ヘルメットはあるか
□非常食の蓄えはあるか
□水の蓄えはあるか
□応急処置セットはあるか
□寝袋はあるか
□非難所・非難所までのルート


Emergency Earthquake Manual

What to bring:

-Cash
-Personal ID
-Bank stamp, bank card and passbook, insurance card
-Drining Water (3L/person)
-Cell phone and portable charger

-Tissue
-Towels (around 5)
-Pocket-sized Hand/Body warmer
-Saran wrap
-Blanket
-Picture of your family (to help find if you lose touch with them)
-Whistle
-Glasses
-Medication
-iPod (to calm your nerves
-Sanitary pads (for women)

How to react during an earthquake:
-open windows and doors to secure passage ways
-put your bags in the doorway
-wear shoes with thick soles
-shut down the gas
-fill your bathtub with water
-cook rice
-charge your phone
-put down the electricity breaker

-keep phone lines open for emergencies
-use Skype or twitter
-use emergency message system Dial 171

-don't go near broken furniture or electronics
-keep aware of glass
-if there is a crack in the wall leave the building immediately
-avoid streets that are narrow, near a cliff, river, or ocean
-go to higher ground if you are near the ocean
-wear a helmet or at least a hat
-avoid polyester clothing as it is easy to catch on fire
-wear a facemask
-don't drive

Before an earthquake make sure:
-you have a helmet
-emergency food stock
-water
-first aid kit
-sleeping bag
-the emergency exit route

-public phones during emergency will go through and it will be free
Green analog public phones:just press the emergency button and place your call (international phone calls an exception)
Digital public phones: just pick up the phone and dial

How to use Emergency Dial 171
To leave a message:
1. dial 171
2. press 1
3. press your phone number
4. record your message

To check for messages:
1. dial 171
2. press 2
3. press the number of the person you want to check up on
4. listen to their recording

NHK also broadcasts people's status
Leave messages to your family 03-5452-8800
050-3369-9680

以上です。 お役に立てたら幸いです。

2011-03-14

東北地方太平洋沖地震

平成23年3月11日(金)東北地方で発生した地震と大津波における被災者の皆様にお見舞い申し上げます。     

またお亡くなりになられた皆様にお悔やみ申し上げます。

そして、今尚救助活動その他関係者の皆様に感謝しますと共に、今後も引き続きご尽力頂けますよう宜しくお願いいたします。

平成7年1月17日(火)午前5時46分52秒に発生した 「 阪神・淡路大震災 」 の時の事を思い出しました。

この時京都では 「 ドン 」 と音がして余韻があった為、すぐにテレビを見ました。しかし、震度情報だけで何の情報もなかったのでもう一度ベットにつきました。そして午前7時頃からの情報で徐々に被害状況が明らかになり、心震えた事を思い出します。

昨日も京都では、地震すらあまり感じられず(私の周辺は)東京の知人より連絡が入り、テレビを見てみると岩手県の大津波の目を疑うような状況の映像が飛び込んできました。

なすすべがない状況に自然災害の恐ろしさを思い知らされました。各方面への連絡をとったのですが携帯もなかなか繋がらず心配でしたが、被災者の皆様また関係者の皆様の事を思うと胸が張り裂けそうになりました。

私事になりますが、息子の友人達6名が高校卒業旅行に京都から沖縄に自転車旅行を計画し、10日に鹿児島から沖縄へフェリーで移動中、今回の津波警報がでて陸に上がる事ができず、沖で待機中だったのですが、12日午前より救助活動が始まりなんとか沖縄に着いたとの連絡を受け、胸をなでおろしたところです。

しかし、今も被害が広がり原発の心配も増え日本全体が心配の渦に巻き込まれているように思います。これ以上被害が広がらないよう、また一人でも多く・早く救助されますよう願うばかりです。

2011-3-12 15:35

" 雛人形 ”

雛祭りに飾る人形。節供人形。雛人形という名称は江戸時代になって生まれたもので、平安時代にはその前身ともいうべき「ひいな」という遊びがあったそうです。「ひいな」とは、小さくかわいい意味の古語で、貴族社会では男女一対の小さな紙人形を用いてままごと遊びなどが行われ、それを「ひいな遊び」といったそうです。

人形は立った姿の紙雛風のものと推定されますが、これを中心に、貴族の暮らしをまねた館や、食器などの調度をそろえて遊んでいたそうで、『源氏物語』(末摘花(すえつむはな))に、「もろともひいなあそびし給ふ」などとあるように、貴族家庭の少女の人形遊びであり、その頃はまだ3月の節供とは関係はなかったみたいです。

             

それと別に、平安時代のころから、季節の変わり目には神に供御(くご)(飲食物)を供えて身体の安泰を祈る信仰があり、それを節供といったそうで、3月は上巳(じょうし)(最初の巳(み)の日)に、紙や植物でつくった人形(ひとがた)(形代(かたしろ))で身体をなでて汚れを祓(はら)い、それを水に流して神送りする行事があったみたいです。

鳥取地方などでは、3月の節供が済むと、雛を川へ流し捨てる「流し雛」の習俗が現在も残っていて、この信仰的な人形(ひとがた)も、雛人形を生み出す源流の一つとなり、こうした人形遊びと、 呪術(じゅじゅつ)用具としての雛形人形(ひとがた)の信仰とが互いに融(と)け合い、しだいに雛人形への骨格を形成したみたいです。

江戸時代に入り、太平の世相を迎え、3月の節供が盛んになると、雛遊びが一般化して雛祭に移行し、年中行事として3月3日に定着し、それが広く流行するにつれて人形も発達し、さまざまな作品が飾られるようになって雛とよばれたそうです。

         

内裏雛や人形の配置に決まりごとはないみたいですが、壇上の内裏雛は内裏の宮中の並び方を人形で模すことがあるらしく、中国の唐や日本の古来は「左」が上の位であり、人形では左大臣(雛では髭のある年配の方)が一番の上位で天皇から見ての左側(我々の向かって右)にいて、飾り物は「左近の桜、右近の橘」で、桜は天皇の左側になり、これは宮中の紫宸殿の敷地に実際に植えてある樹木の並びでもあるそうです。

明治天皇の時代までは左が高位というそのような伝統があったため天皇である帝は左に立っていました。しかし明治の文明開化で日本も洋化し、その後に最初の即位式を挙げた大正天皇は西洋式に倣い右に立ったそうです。それ以降から皇室の伝統になり、近代になってからは昭和天皇は何時も右に立ち香淳皇后が左に並んだそうです。

それを真似て東京では、男雛を右(向かって左)に配置する家庭が多くなり、永い歴史のある京都を含む畿内や西日本では、旧くからの伝統を重んじ、現代でも男雛を向かって右に置く家庭が多いみたいです。社団法人日本人形協会では昭和天皇の即位以来、男雛を向かって左に置くのを「現代式」、右に置くのを「古式」としていますが、どちらでも構わないとしているそうです。

         

我が家には2人の娘がいるのですが、かれこれ22年、毎年雛人形を飾っています。

“ お雛様 ” いつも子供達をお見守り頂き有難うございます。

2011-03-03

” Azekura ” (愛染倉)でランチ

     

                    今回は雰囲気の良いお店をご紹介をさせて頂きます。 

        

いつも北区ばかりですが、ここも北区で初詣の時にご紹介した上賀茂神社の近くにある ” Azekura ” ( 愛染倉 )というパスタのお店です。

閑静な住宅街の奥にあり、春のお庭には “ 桜 ” 秋であれば “ 紅葉 ” が綺麗です。今は季節的に残念ながらそれらを見る事はできませんが・・・。

              

     お店の中は天井が高く木造で、京都の町屋の雰囲気を残しつつ、おしゃれなイメージのお店です。

     ランチは色々種類ありますが、この日はメイン料理の付いたメニューにしました。

  

前菜は彩りが良く、全てアッサリしたお味でとても美味しかったです。

パスタも 『 寒鱈と春菊のオリーブオイルソース 』 だったのですが、オリーブソースが控えめで、鱈とパスタをしっかりと味わう事ができ、春菊の香りも楽しむ事ができました。

       

『 輪島産スズキのポワレ甲殻類のソース 』 これも、スズキの皮が香ばしくソースもメインを引き立てるような少し酸味のあるお味でした。京野菜もお野菜の甘みが有りとても美味しかったです。

デザートはフルーツの甘さを邪魔せず、優しいお味のシャーベットでした。

           

飲み物はお店オリジナルティーだったのですが香りが良く、一緒に出して頂いたお味噌の生キャラメルと相性が良くて、とても美味しかったです。

                         雰囲気の良いお店のご紹介でした。

2011.2.23

" 今宮神社 ” と “ あぶり餅 ”

“ 今宮神社 ” について

平安建都以前より疫神(えきしん)を祀る社があったといわれ、建都ののち平安京が都市として栄える一方で、人々はうち続く疫病や災厄に悩まされ、これを鎮めるため神泉苑、御霊社、祗園社など各地で盛んに御霊会(ごりょうえ)が営まれました。ここ今宮社の紫野御霊会もその一つだそうです。

場所は京都市北区で、我が家から徒歩5分の所です。

      

また、徳川五代将軍綱吉公の生母桂昌院は、一説に西陣の八百屋に生まれ、その名を「 お玉 」と呼ばれたと伝えられています。三代将軍家光公の側室となって綱吉を生み、その後、将軍の生母として大奥で権勢をふるい、従一位の高位にまで昇り詰めた事から “ 玉の輿 ” の言葉の起源ともいわれています。

桂昌院は故郷を忘れず西陣の興隆につとめ、その氏神である今宮神社が荒れていると聞くと、今宮神社再興に社領百石を寄進して社殿を修復し、四基の鉾も新たに作られたそうです。

                                【 今宮の奇石 】

       

“ あぶり餅 ”

あぶりもちは、きな粉をまぶした親指大の餅を竹串に刺し、炭火であぶったあと白味噌のタレをぬった餅菓子です。

平安時代頃からある日本最古の和菓子屋とされ、今宮神社参道で応仁の乱や飢饉のとき庶民に振舞ったといういわれがあり、あぶり餅で使われる竹串は今宮神社に奉納された斎串(いぐし)で、今宮神社で毎年4月の第2日曜に行われるやすらい祭りの鬼の持つ花傘の下に入ると御利益があるのをたとえとし、食べることで病気・厄除けの御利益があるとされ親しまれている餅菓子です。

       

参道を挟んで、南は “ かざりや ” さん 「 本家・根元 」 で      北は “ 一和 ” さん 「 元祖・正本家 」 です。

         創業・約400年                                 創業・約1000年

                                                                                                                                                                                              

“ かざりや ” さん “ 一和 ” さん共に、〔 一皿 〕 15本・500円です。

お土産のお持ち帰り時には、待っている間にあぶり餅をおまけとして食べさせて頂けます。それが楽しみの一つでもあります。

皆様も機会があれば、是非味わってみられては如何でしょうか。

2011.2.14

” 九寸帯 ” ( 名古屋帯 )

京都はまだ雪がちらつき、肌寒い日が続いています。

今日は梅垣織物の帯地の柄を紹介させて頂きます。梅垣は基本袋帯が専門なのですが、九寸帯もほんの少し製織しています。これから時々弊社の帯地の柄を紹介をさせて頂こうと思っております。

まずは “ 九寸帯 ” ( 名古屋帯 ) について簡単に説明iさせて致きます。

大正時代に名古屋女学校の創設者が普段着に締められていた帯で、仕立て方の一風変わった帯が商品化され普及して、この名前 ( 名古屋帯 ) で呼ばれるようになったそうです。

                

     【 鴛鴦唐花文 】 おしどりからはなもん

『 名古屋帯 』 には “ 織リ名古屋帯 ” と “ 染め名古屋帯 ” があります。“ 織り名古屋帯 ” は糸を先に染め色糸にして柄を織り上げます。一方、染め名古屋帯は布に織ってから後で文様を染めた帯です。弊社の九寸帯は “ 織り名古屋帯 ”です。

名古屋帯は、お太鼓結びにしたとき、二重太鼓に結べる袋帯と違って、一重太鼓になる長さになりますので、袋帯よりはカジュアルな帯になります。寸法は仕立前の帯幅が九寸 ( 約34cm ) で、仕立前の長さは一丈二尺二寸 ( 約4m63cm ) が標準になっています。芯を入れて仕立てるため、帯幅を広くしたい時には好みの寸法にできるのも特徴です。

帯び合わせの着物としては、弊社の “ 九寸帯 ” の場合は金銀の糸や箔を使っていますので、付け下げや色無地などの、セミフォーマルにも合わせて頂けます。

お付き合い有難うございました。

2011.2.1

" 成人式 ” と “ 十日ゑびす ”

 

                     

2011.1.10 平安神宮にて 

京都では、この近くの “ みやこめっせ ” で成人式がおこなわれます。私的な事ですが、1年前のこの場所で長女の成人式に写真を撮りました。この日は時間が早かったのか、振袖姿のお嬢様方の姿を見ることができず残念でした。

またこの時間は凄く快晴だったのですが、少しずつ雪が舞いだして寒くなってきました。

  

式典が行われる “ みやこめっつせ ” に行くと、沢山の新成人の皆さんが、新しい未来に希望を持ち晴れやかな輝く笑顔で集まっていました。 おめでとうございます。 どうか若者達の未来が明るくなりますようにと願っております。

また、今年の振袖は古典柄が多く大変嬉しかったです。

            

同日、京都ゑびす神社にて

京都ゑびす神社は西宮・大阪今宮神社と並んで日本三大ゑびすと称され、「えべっさん」の名で親しまれ、その起源は約800年前土御門天皇の建仁2年(1202年)に禅の祖といわれる栄西禅師が建仁寺建立にあたり、その鎮守として最初に建てられた神社だそうです。

  

ゑびす様と言えば「商売繁盛の笹」をイメージされますが、ゑびす信仰の象徴とも言える笹は元来京都ゑびす神社独自の「御札」の形態が広まったもので、笹は縁起物の松竹梅の竹の葉で「節目正しく真直に伸び」「弾力があり折れない」「葉が落ちず常に青々と繁る」といった特徴から家運隆昌、商売繁盛の象徴となったみたいです。

                  

ゑびす様は耳が遠いお方なので、この戸を叩きながらお願い事をすると、願いがかなうとされています。 

            

上の写真のように、まず笹を頂いてその笹に付ける縁起物を順番に選んで行く方法と、この写真のようにすでに飾られている籠がありました。 また、白うさぎさんがあまりにも可愛かったので置いてみました。

今年こそ、全ての方が安心して幸せな世の中になりますよう、ゑびす様にお願いしてきました。

2011.1.14

京都・上賀茂神社 ( かみがもじんじゃ )へ初詣

           

         新年明けましておめでとうございます。 本年も宜しくお願い致します。   

                 

        

                         【 上賀茂神社 】

     

               2011.1.2. 上賀茂神社へ初詣に行ってきました。

京都は昨年末より大雪が降り、例年元日に初詣に出かけるのですが、さすがに雪が積もっていたので2日にしました。 朝8時半だったので意外と人の数も少なく、スムーズにお参りする事ができました。

                 

毎年この小屋には白馬がいて、いつもは小屋のまわりは賑やかなのですが、雪の為か馬も居ずとても残念でした。

 

【 上賀茂神社 】 について

上賀茂神社は京都市北区にあり、御祭神として「賀茂別雷大神」を祭る神社であり、雷(いかづち)の御神威により、厄を祓いあらゆる災難を除き給う厄除(やくよけ)明神・落雷除・電気産業の守護神として広く信仰されています。

また、京都三大祭の1つである “ 葵祭り ” でも有名で、わが国の祭で最も優雅で古趣に富んだ祭として知られています。 “ 葵祭り ” とは、平安朝の優雅な古典行列は平安貴族そのままの姿で列をつくり、京都御所を出発し、総勢500名以上の風雅な行列が下鴨神社を経て、上賀茂神社へ向かうお祭りです。

ちなみに、京都の三大祭は、5月 “ 葵祭り ” ( 上賀茂神社 ) ・ 7月 “ 祇園祭 ” ( 八坂神社 ) ・ 10月 “ 時代祭り ” ( 平安神宮 ) です。

ではまた京都のおすすめの場所ご紹介しますね。

2011.1.7

“あっ”という間の2ヶ月 “あっ”という間の1年

お陰様でonlineショップを始めて2ヶ月が過ぎました。

onlineを始めるにあたり、今年の春頃から色々な方にご協力を頂き深く感謝しております。

“ フー ” と息をつくと、もう1年が終わりを迎えようとしています。

本業である西陣織帯地メーカーとしての仕事に追われ、なかなか店長日記も更新できず少し落ち込んでいますが 来年からは、もっとお客様とのコミュニケーションがとれるよう努力していこうと思っております。

今年1年お付き合い頂き有難うございました。来年はより一層頑張りますので宜しくお願い致します。

皆様良いお年をお迎え下さいますようお祈り致しております。

2010.12.28

ROHM ( ローム ) “光のファンタジー”

            

2010.12.9 ローム本社 ( 半導体メーカー )の敷地に面した五条通りと佐井通り沿いの並木道にあるイルミネーションを見てきました。

1995年から、例年この時期 (11/25〜12/25) 毎日 16:45〜22:30分まで電飾が施されているそうです。

       

                  

名倉公園近くにあるローム敷地内の芝生エリアには色々なイルミネーションが映し出され“ 光のファンタジー ”を楽しむ事ができました。街路樹等を含む電飾されている全ての光は、電球とLEDが約60万個使用されているそうです。私も今年初めて見に行ったのですが、子供のようにはしゃいでしまいました。

   

場所は京都市右京区西院にありますローム本社敷地内で、阪急「 西院駅 」から徒歩約15分でした。散策料は無料で、私が行ったのは木曜日・7時30分頃だったのですが、比較的来ている方も少なく、ゆっくり見ることができました。

近頃一段と寒くなってまいりました。皆様お風邪など召されませんよう、お体には十分ご自愛下さいますように。

2010.12.10

宝厳院 ( ほうごんいん )・ライトアップ

2010.11.25 京都嵐山にある天竜寺塔頭 【 宝厳院 】 のライトアップに行って来ました。

鮮やかな力強い【 朱色 】の燃えるような木々が迎え入れてくれました。

朱・黄・緑のコントラストが絶妙で、幻想的な雰囲気の中 “ 幸せ ” を感じたひとときでした。

また京都のおすすめの場所をご紹介しますね。

2010.11.26

感謝・感謝です。

京都は、賀茂川べりの木々も日増しに色付き、秋の深まりを感じる今日この頃です。

オープンから12日がたちました。お陰様で、皆様からのお問い合わせ、励ましのお言葉を沢山頂き誠に有難うございます。

銀座ギャラリー泰三様http://www.taizou.jp/index.phpにも、ブログで紹介して頂き、心より感謝しております。

本日・Rikyuをご購入して頂きましたお客様より “ 帯地の美しさはもとより、革やフャスナーもとても良い物を使ってあるのが一目でわかりました。” とのお褒めのお言葉を頂き、とても嬉しく感謝しております。本当に有難うございました。

文章が苦手な私ですが、お客様のお声を、店長日記でご紹介していけるようにと思っております。

どうぞ皆様、これから長いお付き合い宜しくお願い致します。              

                                                                                                                                                                                                                   2010.11.9

いらっしゃいませ

当社は、西陣織・帯地メーカーの蠻潦誠ナと申します。

京都西陣で帯地製造卸を半世紀に渡り営んでおり、帯作りを天職と思い、高品位な技術のこだわりから、「 伝統をはぐくみ、今に通じる伝統を創るまじめな商品作り 」をモットーにしている織元です。

世界最高峰と言われる西陣織の技術を、和装バックやテーブルセンター、小物敷などのコンパクトなサイズで皆様のお手元にお届けしたく、この度、和装小物専用onlineを開設いたしました。

色々とご意見・ご感想などお聞かせ頂けると、有り難いです。メール等、お待ちしております。

今後とも、宜しくお願い致します。

                                                                2010.10.28